SDR TRX "Маламут"2017.11.08

SDR TRX "Маламут"





英語でMalamute マラミュート犬の名前のようです。 


関係ファイルはこちら

SDR TRX "Маламут" のプリント基板を入手

ケースは市販品のプラスチックケースを使用 TWBOX-G767。 基板にピッタリです。


取り敢えず、フロントとリアパネルの加工。 まだパーツを手配していないので、基板の半田付けは後。


 パネルはアルミ板に交換、放熱板の取り付け

現状のパーツで半田付け

なかなか先に進まない

エンコーダ―はギリギリ干渉しなかった。



BPF

以下の表は実測値(赤字)です。 回路図上の表示周波数と実際はかなり異なっていました。

BAND 表示周波数 FREQ L FREQ H LPF BPF L BPF H
1 1.8MHz 0MHz 2MHz 2MHz 0MHz 2MHz
2 3-5MHz 2MHz 3.8MHz 3.8MHz 2MHz 4MHz
3 5-8MHz 3.8MHz 7.2MHz 7.3MHz 3.8MHz 7.5MHz
4 8-12MHz 7.2MHz 10.3MHz 15MHz 7.5MHz 10.5MHz
5 12-17MHz 10.3MHz 15MHz 15MHz 10MHz 15MHz
6 17-25MHz 15MHz 20.8MHz 28.8MHz 15MHz 21MHz
7 25-32MHz 20.8MHz 29.8MHz 28.8MHz 20MHz 30MHz



受信BPFの見直し


オリジナル SWRが悪い

トロイダルコア―使用し、エミレーション結果
変更前                変更後
1:2MHzLPF            2MHz LPF
2:2~3.9MHz BPF       2~4MHz
3:3.9~7.5MHz BPF     3.8~7.5MHz
4:6.2~10.4MHz BPF    7~10.5MHz
5:9.5~15MHz BPF      10~15MHz
6:14~22MHz BPF       15~21MHz
7:20~33MHz BPF       20~30MHz



LPF

オリジナルのカットオフ周波数が、微妙にずれているので、再計算してみました。
数字が入っているラインがオリジナルです。


2MHz LPF

3.8MHz LPF

7.3MHz LPF

14.5MHz LPF

29.5MHz LPF