SDR TRX "Маламут"2017.11.08

SDR TRX "Маламут"





英語でMalamute マラミュート犬の名前のようです。 


関係ファイルはこちら

SDR TRX "Маламут" のプリント基板を入手

ケースは市販品のプラスチックケースを使用 TWBOX-G767。 基板にピッタリです。


取り敢えず、フロントとリアパネルの加工。 まだパーツを手配していないので、基板の半田付けは後。


 パネルはアルミ板に交換、放熱板の取り付け

現状のパーツで半田付け

なかなか先に進まない

エンコーダ―はギリギリ干渉しなかった。


BPF


受信BPFの見直し


オリジナル SWRが悪い

トロイダルコア―使用し、エミレーション結果

1:2MHzLPF
2:2~3.9MHz BPF
3:3.9~7.5MHz BPF
4:6.2~10.4MHz BPF
5:9.5~15MHz BPF
6:14~22MHz BPF
7:20~33MHz BPF



LPF

1:オリジナル
2:再計算

オリジナルのカットオフ周波数が、微妙にずれているので、再計算してみましたが、LPFの切り替えはソフトウエアーで変わるのでどの周波数で切り替わるかは製作してみないとわからない。


2.7MHz

5MHz

7.7MHz

14.5MHz

28.8MHz

14.5MHzのLPFは15.5MHzで計算
28.8MHzのLPFは30MHzで計算